このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

チラシの原型。客を引く札。
引き札は、商店が開店の挨拶・宣伝・大売出しのために配られた現在のチラシにあたります。江戸時代の中頃に大都市の商店は、看板や暖簾の他に得意先に配る引き札を作りました。そして、明治時代に入ると全国に広まり各地方で盛んに引き札が作られました。
写真でみる引き札コレクション 5 写真をクリックすると拡大写真を表示します。
H102 稲垣茂太郎 H5-26 松田屋 H5-27 浜松鉄道 H5-28 今西屋呉服店 H5-29 醤油味噌製造
H5-30-1 静鉄表 H5-30-2 静鉄裏 H5-31-1 大場商店 H5-31-2 大場商店 H5-31-3 大場商店
H5-31-4 大場商店 H5-31-5 大場商店 H5-31-6 大場商店 H5-31-7 大場商店 H5-31-8 大場商店
H5-17 東京力士鏡 H5-18 ○御免 H103 金重商会見付 H104 朝日屋留蔵 H105 とばのや
H106 石橋喜エ門
写真画像の無断転用はご遠慮下さい。一度 お問い合わせ 下さい。
1 2 3 4 5
遠州見附おもしろ館 歴史資料コレクション
平成25年3月1日
磐田見付のラーメン店
「ラーメン太郎」
にて
引き札コレクション
常時展示中です。